闇金は借りる側も逮捕されるのか

闇金融と消費者金融の大きな違いとは

MENU

闇金で借りた側が逮捕されるって本当?

闇金融と消費者金融の大きな違い

 

結論から言うと、残念ながら逮捕されてしまうケースは考えられます。貸金業法違反をしているのは、お金を貸している闇金業者の方ですが、借りた側も安心してはいられません。相手は犯罪行為を行っているので、そういう業者と取引をすれば、摘発の際に何らかの影響があっても不思議ではないでしょう。それでは、どういった理由で、借りた側が逮捕されてしまうのか、見ていくことにします。

 

まず、闇金では貸金業法違反や出資法違反を行っていますので、警察にマークされるわけです。この為、摘発されても幹部クラスなど、上の方まで被害が及ばないように、巧みな偽装工作などが行われているケースは少なくはないでしょう。

 

警察が摘発に踏み切った際、そこで手に入れた情報には、借りた人間の個人情報や口座情報も混ざってしまうわけですが、偽装工作の為などで、借りた方も闇金に加担していると考えられてしまう恐れがあります。この場合には、濡れ衣ですが、逮捕されたり、任意同行を求められる可能性が考えられています。

闇金に利用されてしまうケースでも危険が

こちらは借りた側が、返済失敗してから組織に組み込まれ、摘発されるというケースです。闇金と言っても、借りるだけなら大丈夫ということで安易に考えてはいけません。闇金の方は、金を貸すだけではなく、無理な要求で返済不能に追いやり、振り込め詐欺などのアルバイトとして利用することを狙っているケースが見られるのです。

 

最初は低金利で返済できるように見えても、これが、なし崩し的に高金利を要求されるなどして、返済不能に陥るのが闇金の恐ろしいところです。こうなった場合、弱みに付け込まれて、危ないアルバイトをさせられるケースがしばしばあります。

 

例えば、ある銀行口座からお金を引き出して、特定の人物に渡すという出し子などがそうですが、やはり、これをやらされて捕まってしまう方があるのです。やはり、相手は反社会勢力ですから、少しでもお付き合いを始めると、ズルズルと良くない方に引っ張り込まれますので、気をつけましょう。

闇金で逮捕されないためには

まず、おかしいと感じたら早めに手を打ちましょう。ズルズルと借金が膨らむうちに返済が不能になり、そのうち警察の厄介になったのでは困ってしまいます。消費者センターに連絡すれば、正しい対処法を考えてくれるので、利用するのが得策です。

 

そもそも、闇金でお金を借りないのが確実な予防手段ですが、実は、ここでも偽装があるので見抜けないケースが多いのです。誰しもが闇金と認識して取引しているわけではありません。大手銀行を装ったり、有名クレジットサービスの融資部門の様な形で近づいてきます。もちろん、最初は金利なども適正範囲で、合法な融資と勘違いするケースは多いでしょう。このようにして、闇金は着実に社会に根を下ろしているというわけです。

 

丁寧に相談に乗ってくれたり、当たり障りの良い優しい好青年や美女が対応してくれ、安心してしまうケースもあるようです。反面、いざとなると物凄いことになるのは、言うまでもないでしょう。

 

とにかく、ジャンクメールや電柱広告、怪しいDMに書いてある金融サービスは利用しないこと。そして、おかしいと思ったら消費者センターなどに連絡することが大切です。