闇金相談を司法書士に依頼するメリット

闇金融と消費者金融の大きな違いとは

MENU

闇金問題は司法書士にも依頼できる?

闇金融と消費者金融の大きな違い

 

司法書士は登記業務、書類の作成などを主に行っている専門家です。一定の制限はつくものの、認定を受けた司法書士なら債務整理の代理人となることもできます。闇金問題についても、請求金額が140万円以下ならば代理人となって請求をすることができます。

 

ただし、すべての司法書士が闇金相談にのってくれるわけではないということには注意をしておきましょう。債務整理を得意としている事務所でも、闇金問題については依頼を断られることがあります。闇金は正規の貸金業者ではなく、トラブルになることもあるからです。依頼をするなら、闇金問題について解決をしてきた経験と実績が豊富な事務所に依頼をしましょう。

 

必ずしも弁護士よりも腕が劣っているということはなく、弁護士と同じ結果を出してくれる可能性も高いでしょう。経験や実績、料金などを総合的に比較をして、満足のいく結果を出してくれそうな専門家に依頼をすることがコツです。

弁護士と比べたときのメリット

弁護士と比べたとき、司法書士に依頼をするメリットは、料金にあると言われています。

 

一般的に、弁護士よりも料金は安く設定されていることが多いようです。しかし、同じ弁護士・司法書士でも料金の設定は事務所によって異なりますので、一概には言えません。

 

事務所ごとに比較をするようにしておきましょう。また、料金が安くても腕に不安がある場合にはやはりおすすめができません。

 

現在はインターネットが普及している時代であり、全国の闇金問題に強い専門家にメールや電話で相談ができるということが強みです。

 

必ずしも近くにある法律事務所を選ぶ必要はないので、インターネットと通して信頼できる専門家を探してみましょう。闇金問題は主に電話での交渉で解決をします。

 

そのため、遠く離れた場所にある法律事務所に依頼をしたケースでも、うまく解決をしてくれることがあります。まずはいくつかの事務所に相談をしてみることから始めてみましょう。

闇金問題を放っておくとどうなるの?

闇金はだれかれかまわずにお金を貸しているというわけではありません。

 

お金を回収できると判断をした相手にだけ貸しています。お金を借りられたということは、あなたからお金を回収できると業者が思っているということです。

 

違法な業者なので、個人情報などが守られることは期待ができません。お金が回収できない可能性が高いと判断をしたら、もっと悪質な業者に債権を売られてしまい、悪質ないたずらをされるようになるということもあります。

 

 

多くの場合に勤務先の情報は伝えてしまっているでしょう。勤務先も巻き込んでしまうリスクがあるので、早い段階で解決をしてしまうことが大切です。弁護士であるか、司法書士であるかということよりも、闇金の問題について詳しく、経験と実績がある事務所に依頼をするということがポイントとなります。放置していても闇金が諦めてくれる可能性は低く、問題がより深刻化してしまうので、メールや電話での相談だけでも早めにしておきましょう。